永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

生前準備や大切な人のための納骨堂の選び方

このサイトでは、永代供養ができる東京の納骨堂をご紹介しています。そのなかでも、
評判のよい納骨堂をピックアップして、参拝方式や交通アクセス、法要の内容などで比較。
お薦めの順にご紹介しています。納骨堂の購入を検討している方のお力になれれば幸いです。

希望別・人気の納骨堂3選

  • お骨に対面してお参りしたいなら
  • アクセスの良さで選ぶなら
  • 宗派で選ぶなら
  • 宗派にこだわらないなら
HOME » 納骨堂の基礎知識

納骨堂の基礎知識

納骨堂を検討している方のための基礎知識をまとめているカテゴリーです。

知っておきたい納骨堂の基礎知識

納骨堂とは、遺骨を骨壷に納め、保管しておく施設のことを言います。お墓の場合は遺骨を地中に埋めるのが一般的ですが、納骨堂の場合はロッカーや棚、室内の仏壇などに安置します。

納骨堂の種類

遺骨を安置しておく遺骨壇には、このようなものがあります。

  • ロッカー式
  • 棚式
  • 仏壇式
  • 機械式
  • 室内型墓所
  • 屋外型個別納骨墓所

最近普及しつつあるのが機械式。
カードを挿し込むと、全自動で遺骨が運ばれてきて、直接遺骨にお参りができるというものです。
そのほかにも、インターネットで遺骨壇の様子がわかるものシステムなど、便利な設備が整っています。

納骨・供養までの流れ

ここでは、納骨堂の資料請求から供養までの流れを紹介しています。

納骨堂では、ほとんどの場合三十三回忌までの供養を執り行ってくれます。自分でお墓を用意する人にとって、無縁墓にならず、供養をしてもらえるのは安心ですね。

選び方のポイント

納骨堂を選ぶためのチェックリストを掲載しています。

ポイントは、立地、価格、収蔵遺骨数など、何を優先するか家族で話し合ったり、自分で決めた上で遺骨堂を選ぶことです。

また、資料だけで決めるのではなく、しっかりと見学をした上で決めましょう。

永代供養・永代使用

永代使用墓とは、従来のお墓のシステムのこと。使用料をはじめに払うほか、管理料を支払い続けて、一族代々でお墓を利用していきます。

一方、永代供養とは最初の一時金を支払うことで、寺院がお墓の管理や供養を執り行ってくれるもの。お墓の面倒を見てくれる人がいない方でも安心してお墓に入れるため、人気を集めているようです。

法要・供養について

最後に、大切な人が亡くなったあとに行う法要についてまとめました。

納骨堂でも、合同で供養を行なってもらうことができます。お墓を引きつぐ人がいなくなっても、供養は受けることができるのが納骨堂のメリットです。

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド