費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 納骨堂の基礎知識 » 生前準備「成年後見制度」を解説

生前準備「成年後見制度」を解説

今現在は元気に暮らしている人も、将来どうなるかは分かりません。ひょっとしたら、状況判断が正しくできない認知症などを発症している可能性も……。

自分がいつ、どうなるか分からない将来の備えとして成年後見制度を利用することができます。精神や体が元気なうちに、この制度を準備するための手続きなどについて解説します。

成年後見制度には大きく分けて二つの制度が存在!

判断能力が不十分な人の支援をする「成年後見制度」

人は認知症や精神障害、知的障害などを発症したりすると、物事を判断する能力が著しく低下または欠けてしまいます。その結果、訪問詐欺といった被害に遭いやすくなり、不利益な契約を結んでしまう可能性があります。

また、介護施設に入所する時の契約や自分名義の預貯金、不動産などの管理も自分の判断ではできません。

判断能力が不十分な人があらゆる被害に遭わないよう、後見人を選任し、財産の保護や日常生活などの支援をしてもらえるのが成年後見制度です。

そして、成年後見制度は大きく2種類に分けることができます。

既に判断能力が不十分な人を支援する「法定後見制度」

既に判断能力が不十分な状態の人を、その判断能力の程度に応じて家庭裁判所に認められた成年後見人、成年保佐人、成年補助人が本人の代理人としてさまざまな場面で支援してくれる制度です。

成年後見人の場合、権限は家庭裁判所から代理権、取消権、同意権が付与されます。

この制度は申立人が家庭裁判所へ申し立てすることにより調査や審判等を経て利用することができます。

本人が書類を作成し請求することもできますが、できない場合は本人のことをよく知っている配偶者や4親等以内の親族が書類を作成し請求することができます

家庭裁判所の審判により認められれば、成年後見人等による支援が開始されます。

判断能力が不十分になった時の備えとして選定する「任意後見制度」

任意後見制度は、将来的に判断能力が不十分になった時の備えとして本人が元気な時に任意後見契約を結び、任意後見人を選任する制度です。

なお任意後見人は家庭裁判所で選出された任意後見監督人によって、契約通り仕事を遂行しているかどうかをチェックされます。

任意後見契約の手順と任意後見人の仕事

任意後見契約のための公正証書を作成する

本人が元気な時に任意後見人として信頼できる人、たとえば家族や友人または法律の専門家といった人と任意後見契約を結ぶために本人と任意後見受任者が公証役場に行き、任意後見契約のための公正証書を作成します。

任意後見受任者は、任意後見が開始されると「任意後見人」と呼ばれるようになります。

次に公証人は、本人の判断能力や任意後見受任者が適切な人物か、そして双方がこの契約に同意しているかなどを確認して契約書を作成します。

契約書は双方で同意し署名捺印され、生前の任意後見契約が完了します。

この契約内容は東京法務局へ登記されます

管理や契約などの支援を行う任意後見人

対象者本人が本人の意思で結んだ任意後見契約の内容に基づき、本人の「代理人」として仕事を遂行します。

主に財産の管理、介護施設への入所時の契約などの支援をするので、実際の介護や買い物などは行いません。

また、成年後見人とは違い、同意権、取消権は付与されませんので必要な場合は、法定後見へ切替えることになります。

費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

【全国エリア】ED治療の病院検索 メンズ脱毛webバナー_男性向け脱毛サロン比較サイトはこちら

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.