費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 納骨堂の基礎知識 » 分骨とは

分骨とは

このページでは、分骨について説明します。

分骨とは複数の箇所にわけて遺骨を納骨すること

遺骨を複数の箇所にわけて納骨することを分骨とよんでいます。
お墓の事情や、遺骨に対する考え方もさまざまですので、現代では色々な分骨の形があります。

例えば、海や山などに一部を散骨することも、一部を手元に残しておくことも分骨の1つと言えます。
そうしたことが宗教的に許されるのか。
故人を引き裂くような…と思う方もいるでしょう。

しかし、仏教においてはお釈迦様をはじめ、多くの宗派の開祖や師がさまざまな場所でわけて埋葬されているので問題はないようです。
まずは、故人に心を寄せる多くの人にとって、お参りしやすい環境こそが大事ということでしょう。

もちろん、親族の中には分骨に対して、抵抗がある方がいるかもしれませんので、よく話し合って決める必要があります。
遺族、親族で感情的にこじれてしまうことなく、大切に故人をご供養していくことが第一です。

元のお墓以外に分骨される場所は主に4ヶ所

分骨される一番大きな理由としてあげられるのは、距離の問題です。
きちんとお参りしたくても、あまりに遠方ではそれが難しく、通えない方がでてきてしまいます。
特に、年配の方にとっては大変な負担でしょう。

その場合、故郷のお墓と家族のお墓に分骨するケースがおすすめです。
そうすれば、故郷にいる兄弟姉妹と家族、それぞれが気軽にお参りできるようになります。
他にも、何らかの事情で埋葬した霊園が遠くになってしまい通えないため、近隣の霊園に分骨する方法もあります。

また、距離という以外にも、宗教的理由、またはより手厚い供養をするために、宗派の本山に一部を分骨するというケースもあるようです。
本山に分骨というと特別な人しかできないように思えますが、実は希望すれば誰でも申し込み可能だそうです。
もちろん、そこでは絶えず参拝する方が訪れ、お経も常に聞こえますので、供養する上では最適な環境と言えます。

それから、近隣の納骨堂に分骨するケースもあります。
納骨堂の場合は、通いやすい場所を選ぶこともできますし、お参りの方法も選べます。
建物の中なので、管理の面でも楽ですし、天候に左右されません。
なによりも、永代供養できる施設が多いのが大きなメリットです。

納骨堂と手元供養の併用で故人をより身近に感じられる

遺骨・遺灰を自宅で管理する「手元供養」

手元供養とは、お墓や納骨堂などで管理されるのが一般的である遺骨や遺灰を、自宅で管理しながら供養する方法です。

高齢になって気軽に墓参りができなくなったり、お墓が遠方にあってなかなか気軽にお参りできない人が手元供養を取り入れるケースが増えてきています。

遺骨をすべて自宅で保管する人もいますし、お墓参りをしたい親族のために、遺骨を分骨して一部を自宅で保管しているという人もいるようです。

メリットは「まめに供養ができる」「費用を抑えられる」

手元供養のメリットといえばやはり、定期的にお墓参りができない状況にあるとき、遺骨を手元に置いておくことでまめに自宅で供養をしてあげられるという点が大きいでしょう。

故人を近くに感じることができるので、「暗いお墓の中にお骨を入れておくぐらいなら、自宅においてあげたい」という人にもおすすめです。

そして、お墓の建立は最低でも100万円以上の費用がかかり、こだわるとさらに高額な資金が必要です。お墓を建てる費用がないという人は、お骨で自宅供養することで大幅に費用を抑えることができます。

手元供養の方法に大きな決まりはない

手元供養については、「こうしなければならない」という決まりは特にありません。

仏壇があるお宅なら骨壷に入れたお骨を仏壇においてもよいですし、目の届く場所において、気づいたときに手を合わせるなど、自由な方法で供養してください。

手元供養を行う人が増えていることもあり、骨壷も小さめでおしゃれなデザインのものがたくさんあります。

きれいな骨壷に遺骨を入れてもらえば、故人もきっと喜ばれるのではないでしょうか。

最近では遺骨で人工のダイヤモンドを作ることもできます。

ダイヤモンドは炭素が原料となっているため、故人の遺骨から炭素を取り出し、人の力によって高温高圧をかけることで、人工のダイヤモンドを作ることが可能になるのです。

輝きは天然のダイヤモンドとまったく同じなので、遺骨でダイヤモンドを作り、アクセサリーに加工して肌身離さず身につけるという遺族も増えているようです。

また、小さなケースに遺骨の一部を入れ、ペンダントに加工して常に身につける人も多いです。

こうした手元供養の方法を取り入れる人は最近とても増えており、企業も自然に身につけられる商品を数多く販売しています。

遺骨・遺灰はカビが生えやすい!

遺骨や遺灰は高温多湿に弱いため、そのような環境下で保管するとカビが生えてしまうことがあります。

火葬後の遺骨は陶器製の骨壷に入れてから、桐箱など木製の骨箱に入れて保管するため、湿気を調節してカビが生えることを防げます。

遺骨をそのまま保管したり、陶器製の骨壷のみで保管する場合は湿度の少ない場所で保管するようにしましょう。

骨壷に入れる際に素手で遺骨に触れてもカビが生えやすくなりますので、骨壷に入れるときも注意が必要です。

このページを見ている人におすすめのページ

>>分骨で利用する人も多い、「納骨堂」について詳しく知る

>>分骨の際に必要な手続き

費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.