費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 納骨堂の基礎知識 » 永代供養と永代使用の違い

永代供養と永代使用の違い

永代供養と永代使用の違いやメリット・デメリットについて解説しています。

永代使用とは

永代使用とは、はじめに永代使用料を支払い、その後は管理料などを払い続けてお墓を維持するためのものです。従来のお墓がこれに当たります。

永代使用のお墓は、墓地を借りて墓石を建てるタイプと、骨を納めるロッカーのような納骨堂タイプがあります。デメリットは、継続して管理料がかかることと、後継者がいなければ管理をする人もいなくなってしまうことです。お子さまがいらっしゃらないご家庭などでは、供養をしてくれる人がいなくなって無縁墓になってしまうので、購入をためらってしまうかたも多いようです。

永代供養とは

一方、永代供養とは、最初に費用を払うとずっと寺院が供養や管理をしてくれる制度です。納骨堂はこれに当たります。つまり、預かった遺骨を永代に渡って供養してくれるというものです。ただし、明確な定義がないことから、供養の内容は納骨堂によって異なる場合があります。

例えば、はじめは個別に遺骨が収蔵されて、三十三回忌などの一定期間の法要を終えると合祀(合葬墓に遺骨が移されること)され、合同で供養を受けるというものもあれば、はじめから合祀されるものも。管理費用がかからないため、全体的な費用は安く済むというメリットがあります。また、生前に契約をした本人が亡くなったあとに、お墓の面倒を見てくれる人がいるという安心感もありますね。

これからは永代供養が主流に?

結婚しない方や、お子さまのいないご家庭は、今後ますます増えていくと言われています。入るお墓がない、あるいはお墓を継ぐ人がいない、というケースが多くなれば、個人単位で永代供養のお墓を購入して、寺院に供養をしてもらうのが主流になっていくのかもしれません。

永代供養墓は生前予約も可能なので、安心して残りの生活を楽しむためにも、検討をしてみる価値があると思います。

このサイトでは、ご自身のために納骨堂を購入した人、大切な人のために納骨堂を購入した人の口コミもご紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

このページを見ている人におすすめのページ

>>納骨堂を購入した人のきっかけやタイミングとは

>>納骨堂の種類

費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.