費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 納骨堂の基礎知識 » 寿陵(生前墓)とは

寿陵(生前墓)とは

このページでは、寿陵の意味とそのメリットについて説明いたします。

寿陵とは?

寿陵とは別名で生前墓と呼ばれており、亡くなる以前に前もって建てておくお墓のことです。

あらかじめお墓を購入しておくことで、跡を継ぐ方の負担になることもありませんし、家族で相談して決めることもできます。さまざまなメリットがあることから、実際に多くの方が生前からお墓用意しているそうです。

寿陵の歴史

亡くなる前にお墓なんて縁起が悪いのでは?と思われる方もいるかもしれませんが、実は昔からこれは縁起がとても良いこととされています。

寿陵は「長寿」「子孫繁栄」「家内円満」の3つの果報を招くとされています。中国では古くから、生前にお墓を建てることは長寿縁起の良いこととされており、中国の皇帝や聖徳太子、昭和天皇も建てていたとのことです。

また、寿陵は逆修墓とも呼ばれています。逆修とは仏教用語で、自分のために墓を用意して冥福を祈るということですが、その功徳はとても大きいとされています。生前にお墓を立てる寿陵とは、まさにこの逆修に当たるのです。

寿陵を建てるメリットとは?

寿陵を建てることは、先ほど述べたような宗教的なご利益や縁起が良いという以外にも、実は大きなメリットがあります。以下にメリットをご紹介します。

じっくりと時間をかけて選ぶことができる

亡くなってからイチから場所を探して墓石を決めるとなると、時間があまりなく慌てて決めることになってしまいます。十分な情報収集ができず、手頃な場所や墓石が手に入らない場合もあります。寿陵は予算や立地などの条件を考慮しながら、本人にとっても親族にとっても最適なお墓をじっくり選び、建てることができます

故人の望みを反映できる

亡くなってからではどのようなお墓が良いかなど、故人の好みを尊重できない場合も多いです。その点、前もって墓石まで建てておけば、そのような悩みを避けることができます。

墓地不足に備えることができる

高齢化社会が加速し、核家族が増えている中、理想的な墓地を得るのは難しくなるかもしれません。そのため、交通の便が良い、環境の良いといった墓地はすぐに完売してしまうことがあり得ます。今後起こりうる墓地不足に備えて、早めに動き始める方も増えているようです。

節税効果が期待できる

お墓を相続する場合、他の財産とは違い、実は相続税がかかりません。しかし、建てるためのお金には当然相続税がかかりますので、今後のためにも寿陵を建てておくことは、とても大きなメリットになります。子どもに迷惑をかけたくないという思いから、寿陵を建てる方も多く見られます。

このページを見ている人におすすめのページ

>>生前に自分の埋葬される場所を購入した人の意見を読む

費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.