永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

生前準備や大切な人のための納骨堂の選び方

このサイトでは、永代供養ができる東京の納骨堂をご紹介しています。そのなかでも、
評判のよい納骨堂をピックアップして、参拝方式や交通アクセス、法要の内容などで比較。
お薦めの順にご紹介しています。納骨堂の購入を検討している方のお力になれれば幸いです。

希望別・人気の納骨堂3選

  • お骨に対面してお参りしたいなら
  • アクセスの良さで選ぶなら
  • 宗派で選ぶなら
  • 宗派にこだわらないなら
HOME » 納骨堂の基礎知識 » お墓から納骨堂に移動するには?

お墓から納骨堂に移動するには?

このページではお墓の「改葬」について解説しています。改葬とはなにか?どういう手続きが必要なのかなど、くわしく解説します。

「改葬」とはどんなもの?

「改葬」とは、簡単にいうと遺骨の引っ越しです。

すでにお墓にはいっている遺骨を、別のお墓や納骨堂に移動することを「改葬」と言います。

気をつけなければならないことは、「改葬」には自治体への届け出が必要だということ。

お墓の属している自治体に「改葬」願を届け出て「改葬許可証」を受け、それを移動先に提出することが必要です。

自分のお墓だからと勝手にお墓をあけて遺骨をとりだす行為は、法律違反になりますので注意しましょう。ただし、分骨は「改葬」にはあたりません。

「改葬」する理由は?

「改葬」する理由はどんなことなのでしょう。

もっとも多いのが、居住地から遠い故郷にお墓があるのでお参りや管理がむずかしくなってきた、故郷にお墓を管理する人がいなくなって無縁墓になった、などの理由で「改葬」を考えるようです。 

また、お墓を継承する子どもがいない、または子供が遠方に住んでいる、子どもに負担をかけたくない、などの理由も多いといいます。

居住地に近い場所に「改葬」するのを機に、お墓から納骨堂にかえる人も少なくありません。納骨堂は交通の便が良いところが多く、メンテナンスや管理の手間がお墓に比べてかからないというメリットがあるからです。

そもそも日本のお墓は、先祖代々の遺骨を子孫が受け継いでいくという認識の元に、必ず一家に一墓、持つものでした。

しかし、近年の少子化や生活の変化などで、お墓を受け継いでいくことが難しいケースが増えているのです。

「改葬」の種類

「改葬」には遺骨だけを移動させる場合と、墓石も含めて移動させる場合があります。

墓石を含めて移動したい場合、移動先の霊園や墓地によっては墓石の持ち込みを制限しているところもあるので、注意が必要です。

さらに墓石の移動は思いのほか費用がかかるようですし、墓石が破損するリスクがあることを心得ておきましょう。

「改葬」の手順

  • 一般的な「改葬」の手順を紹介します。
  • ・新しい墓地、または納骨堂を確保する。
  • ・新しい墓地、または納骨堂から「受入証明書」を発行してもらう。
  • ・既存墓地から「埋葬証明書」を発行してもらう。
  • ・既存墓地の自治体に「改葬」を届け、「改葬許可証」をもらう。
  • ・既存の墓地から遺骨を移動する。
  • ・新しい墓地に「改葬許可証」を提出して、納骨する。

仏教では、改葬の前には「お魂抜き」という供養を、改葬後には「入魂式」をとり行います。

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド