費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 納骨堂の基礎知識 » お墓から納骨堂に移動するには?

お墓から納骨堂に移動するには?

このページではお墓の「改葬」について解説しています。改葬とはなにか?どういう手続きが必要なのかなど、くわしく解説します。

「改葬」とはどんなもの?

「改葬」とは、簡単にいうと遺骨の引っ越しです。

すでにお墓にはいっている遺骨を、別のお墓や納骨堂に移動することを「改葬」と言います。気をつけなければならないことは、「改葬」には自治体への届け出が必要だということ。

お墓の属している自治体に「改葬」願を届け出て「改葬許可証」を受け、それを移動先に提出することが必要です。自分のお墓だからと勝手にお墓をあけて遺骨をとりだす行為は、法律違反になりますので注意しましょう。ただし、分骨は「改葬」にはあたりません。

なぜ改葬が増えているのか

居住地から遠い故郷にお墓があるのでお参りや管理が難しくなってきた、故郷にお墓を管理する人がいなくなって無縁墓になった、などの理由で「改葬」を考えるかたが多いようです。 

また、お墓を継承する子どもがいない、または子どもが遠方に住んでいる、子どもに負担をかけたくない、などの理由も多いと言います。居住地に近い場所に「改葬」するのを機に、お墓から納骨堂にかえる人も少なくありません。納骨堂は交通の便が良いところが多く、メンテナンスや管理の手間がお墓に比べてかからないというメリットがあるからです。

近年の少子化や生活の変化などで、お墓を受け継いでいくことが難しいケースが増えているので、無理なく供養のできる場所への改葬が増えているのです。

改葬の種類

「改葬」には遺骨だけを移動させる場合と、墓石も含めて移動させる場合があります。墓石を含めて移動したい場合、移動先の霊園や墓地によっては墓石の持ち込みを制限しているところもあるので、注意が必要です。

さらに墓石の移動は思いのほか費用がかかるようですし、墓石が破損するリスクがあることを心得ておきましょう。

改葬の手順

  1. 新しい墓地、または納骨堂を確保する
    まずはどこに、どのような方法で供養するのかを決めましょう。改葬を決める前には、必ず縁故のある親族の同意を得ておくことが大切です。永代供養や散骨など、故人でお墓を持たないという選択肢もあります。
  2. 依頼する石材店を決める
    現在のお墓を撤去する場合や、新しく墓石から建てる場合には工事費がかかってきます。石材店によって価格は大きく変わってくるため、信頼のできる石材店を選びましょう。
  3. 移転先の墓地から「受入証明書」を発行してもらう
    新しい墓地、または納骨堂の管理者から発行されます。
  4. 既存墓地から「埋葬証明書」を発行してもらう
    ここで、寺院との今後のかかわりについても話し合って、円滑に改葬が進むようにしましょう。
  5. 既存墓地の自治体に「改葬許可申請」「受入証明書」「埋葬証明書」を届け、「改葬許可証」をもらう
    改葬許可申請書は、各市区町村のホームページからダウンロードするか、窓口で受け取ります。書類の形式は、各市区町村によって異なります。また、中には移動させる遺骨の数のぶんの書類が必要となる場合もあります。
  6. 既存の墓地から遺骨を移動する
    お墓から遺骨をとりだす際には、お墓から魂を抜く「閉眼法要」を行う必要があります。お墓の管理をしている寺院やお付き合いのある菩提寺にお願いをして、あらかじめ日程の調整をしておきましょう。
  7. 新しい墓地に「改葬許可証」を提出して、納骨する
    改葬許可書を提出して、遺骨を納めます。改葬後には、お墓に魂を入れる「入魂式」をとり行います。

東京の改葬許可申請書の書き方を解説

改葬許可証を発行してもらうには、「改葬許可申請」「埋葬証明書」「受入証明書」の3つが必要です。

改葬許可申請書・10の記入項目

  1. 死亡者の本籍
  2. 死亡者の住所
  3. 死亡者の名前
  4. 死亡者の性別
  5. 死亡年月日
  6. 埋葬または火葬の場所
  7. 埋葬または火葬年月日
  8. 改葬の理由
  9. 改装の場所
  10. 申請者の住所、名前、死亡者との続柄及び墓地使用者などとの関係
  11. 枠外・・ 申請者の住所、名前、捺印。墓地管理者の住所、名前、捺印

上記は新宿区の改葬許可申請書にある項目です。各自治体で様式は異なる場合もありますが、項目内容はどこもそう変わりません。 各自治体でホームページから申請書をダウンロードできるはずですので、ご自身で項目を確認しておくと良いでしょう。

1~9までの項目は難なく記入できるかと思いますが、10の「申請者の住所、名前、死亡者との続柄及び墓地使用者などとの関係」は、注意が必要です。 申請する人が墓地使用者でない場合は、墓地使用者の委任状や承諾書が必要となる場合がありますので、あらかじめ自治体に確認して準備しておきましょう。

また、「続柄」は亡くなった方から見た続柄となります。 例えば、死亡者が申請者の曽祖父母であるなら、続柄は「ひ孫」と書かなければなりません。死亡者が父母であるなら、続柄は「子」となりますね。

同じように、申請者が墓地使用者でない場合、その関係は墓地使用者から見た申請者を書きます。

代金の支払いなどが済んでいないと署名捺印はもらえない

墓地管理者の署名捺印は、現墓地の管理者に記載と捺印をしてもらわなければなりません。新しい墓地の確保と、既存のお墓の返還工事代金の支払いなどが済んでいないと、墓地管理者は署名捺印してくれませんので気を付けて下さい。

墓地はお墓を立てる権利を買ったということで、そこの土地を買ったわけではありません。使用しなくなった場合は、墓石を片付けて更地にして管理者に返納というのが一般的です。

遺骨の移転先、そして、墓地を更地にするための工事見積書やそれを支払った証明書。これらの確認が取れて初めて墓地管理者は署名捺印するのです。 墓地管理者の署名捺印は、申請準備がすべて整った後、最後にお願いするのが良いでしょう。

「不明」「不詳」と記入してもいい自治体もある

一般的に改葬許可申請書で必ず記入しなければならないのは、「死亡者の名前」「死亡者の性別」「埋葬または火葬の場所」「改葬の理由」「改装の場所」「申請者の住所、名前、死亡者との続柄及び墓地使用者などとの関係」です。

それ以外の、「死亡者の本籍」「死亡者の住所」「死亡年月日」「埋葬または火葬年月日」は『不明』や『不詳』と記入してもよいという自治体もあります。 必ず記入しなければならない項目についても、不明の場合は省略可能という自治体もありますので、直接各自治体に問い合わせてみましょう。

改葬の閉眼法要や入魂式の流れを解説

墓石を動かす時に行う「閉眼法要」

「閉眼法要」は、お墓の引っ越しやリフォームなどで、墓石を動かさなければならない時に行う法要です。地域によっては「抜魂式」「お性根抜き」などとも言われ、お墓を動かす前に必ず執り行われます。

「○○家」と書かれている最も大きい墓石部分(竿石)を動かす場合に行うのが一般的で、他には戒名を追加する場合などでも行われています。石材屋や工事業者などはこの閉眼法要が済んでいなければ作業に入れません。

本来、閉眼とは「仏様が目を閉じる」という意味合いがあります。魂が宿ったままのお墓に手を入れるわけにはいきませんよね。墓石を動かす間は魂を抜かせていただく……閉眼供養にはそんな意味があるのです。

閉眼法要の流れ

閉眼法要を行う時は、まず墓石やその周辺の清掃から始まり、お供え物やお花を供え、依頼していた僧侶様や住職様に供養して頂く流れになります。参列者はごく身近な家族や親類のみというのが一般的です。前日にあらかじめ清掃をし、僧侶様へのお布施やお車代、お供え物などの準備をしておきましょう。

お布施の相場は3万円~10万円前後が一般的です。法要の時間帯にもよりますが、お昼にかかるようでしたら御膳料も考えておくと良いですね。その場合は1万円程度を準備しておくと良いかと思います。 お布施の相場には開きがありますので、ご家族と相談したりお寺の方などに伺ってみたりするのも良いでしょう。

お墓に魂を入れる「入魂式(開眼法要)」

入魂式は読んで字のごとく、お墓に魂を入れる儀式です。閉眼法要で抜かせていただいた魂は、入魂式(開眼法要)で戻してあげるという考え方です。

お墓の引っ越しやリフォーム、戒名追加などが終わって、納骨する際に執り行われるのが一般的ですが、地域やご家族の考えによってはお盆やお彼岸の法事と合わせて行う場合もあるようです。 場所はお墓やお仏壇のあるご自宅となりますが、閉眼法要よりももう少し手厚い法要となりますので、ご準備にも時間がかかるでしょう。

入魂式の流れ

入魂式は閉眼法要とさほど変わらず、墓石周辺を清掃して僧侶様にお経をあげてもらい、供養するという流れになりますが、法要後の会食の準備が必要となります。

また、閉眼法要は家族だけの参列となるのが一般的ですが、入魂式の場合はご親戚や身近な方々のご参列も多いものとなります。お供え物やお花の準備、会食などの経費も高くなると考えておくと良いでしょう。

一般的なお供え物の種類は、昆布やわかめなどの海藻類、サツマイモやお米などの穀物類、大根や人参などの根菜、塩、酒、お菓子、季節の果物などになります。

僧侶様にお渡しするお布施の相場は閉眼法要と同じく数万円~10万円です。 閉眼法要でお渡しした金額と同等というのが一般的で、それとは別に、お車代や会食をご辞退された場合のご膳料を準備しておく必要があります。

法要時の服装は黒を基調としたスーツやワンピースがふさわしいです。厳粛な場ですので、礼服を準備しておくくらいの気持ちでいましょう。

改葬時に知っておきたい墓じまいの4つの注意点

1.必ず親族に確認を取り了承を得る

お墓を撤去してしまえば、今までのようにお墓参りをすることはできなくなってしまうのですから、個人に親しい親族ほど、墓じまいに抵抗を感じる可能性があります。 検討する段階で必ずお墓にかかわる親族に相談し、了承を得た上で墓じまいに着手してください。

相談するべき親族

お墓の購入はまとまった費用がかかります。 お子さんは個人と同じお墓に入ることができなくなるので、新規にお墓を購入しなければならない場合もあるのです。 今後そのお墓に入る可能性のある親族には、必ず相談しましょう。

また、了承を得られた場合は「遺骨の行き先をどうするか」という点についても、親族の希望を確認しておくとよいでしょう。 集団墓地などにお願いする場合でも、親族的に墓参りしやすいエリアを希望しているかもしれません。すでに自分なりの希望がある場合は、提案した上で親族の意見も聞いてみましょう。

2.寺院に伝える際には墓じまいの理由をきちんと伝える

寺院にお墓がある場合、墓じまいをすることは寺院側からすると「檀家を抜ける」ことになります。 長い年月管理してきた檀家のお墓を失うことは、寺院側にも大きな問題です。

墓じまいについて、寺院にも事後報告をするのではなく、親族の了承を得られた段階で相談することをおすすめします。 新しい場所で墓地を購入する予定のある人は、購入後ではなく購入前の相談がベターです。きちんと理由を伝えれば、新しい遺骨の行き先についてアドバイスをもらえるかもしれません。

3.予算組みはしっかりと

既存の大墓の撤去費や、新しい墓地を購入する場合はその費用など、墓じまいにおいてかかる費用はしっかりと把握しておきましょう。 新墓地の費用については数社から見積もりをとり、より費用の安いところでお願いするというのも一つの方法です。 ただ、安かろう悪かろうでは困りますので、きちんと対応してくれる良心的な業者に依頼することを前提として見積もりをとってください。

実際に起こった業者とのトラブルとして、見積もり時はサービスで行ってくれることになっていた内容について、実際には追加費用として請求されたというケースがとても多いです。 後から急な追加料金が発生してしまうと困るので、必要な費用をしっかり聞いた上で、追加料金の有無についても明確にしておきましょう。

4.改葬許可申請書の記入事項の確認

墓じまいをする際には色々な手続が必要です。 書類を揃えるのもその一つで、書類の中に「改葬許可申請書」というものがあります。 改葬許可申請書には故人の「没年月日」を入れる箇所があり、長く続いていたお墓の場合、全員の没年月日を確認できないことも多いようです。 没年月日が確認できない場合は、役所にその旨を伝えて指示を仰いでください。

こうした手続きに自信がない、または手続きをする時間が取れないという場合は、墓じまいを専門にしている行政書士に依頼をして、手続きを代行してもらうという方法もあります。 当然ながら費用はかかりますが、役所への手続きは墓地がある地域の役所で行う必要があるため、遠方に住んでいる場合は手続きが難航することも予想されます。何度も行き来する交通費や手間を考えたら、代行してもらうほうがお得という場合もあるかもしれません。

このページを見ている人におすすめのページ

>>納骨堂を選んだ人のきっかけやタイミングは?

>>後悔しない納骨堂の選び方

m 費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.