費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 納骨堂の基礎知識 » 公営・民間・寺院納骨院の違い

公営・民間・寺院納骨院の違い

公営納骨堂や民営納骨堂について解説します。運営元によっての違いはあるかどうか、気になるところです。

納骨堂の運営母体

納骨堂は、民間業者が運営する民営納骨堂、自治体が運営する公営納骨堂、寺院が運営するものがあります。

民営納骨堂

宗教法人、財団法人、社団法人などの公益性をもつ法人が運営・管理する納骨堂で、販売などは民間業者が行います。

多くは宗教・宗派・宗旨を問わずだれでも利用することができます。また、民営納骨堂は選択肢も多いので、希望の条件に合わせた選択肢も広がります。

費用、立地、宗派など、希望別に紹介。東京の民間納骨堂おすすめ3選はこちら

公営納骨堂

都道府県や、市町村など自治体が運営・管理する納骨堂。宗教は仏教形式が多いようですが、自治体によって違いがあります。

申込み条件が細かく決まっている場合が多いですが、費用は他と比べてかなり安く抑えることができます。

寺院納骨堂

寺院が運営・管理する納骨堂で、寺院内や寺院の敷地に設けられることが多いようです。最近では宗教・宗派問わずに納骨してくれるところが多いですが、納骨後の供養はお寺の宗教・宗派の様式で行われます。

葬儀から納骨、供養までを任せることも可能です。

民営納骨堂の特徴やメリット・デメリットを解説

民営納骨堂について

近年では民営の霊園の中に納骨堂が併設されているというケースも増えてきましたが、従来はお寺の境内(敷地内)を民間企業が借りて運営をしているというケースが主流でした。このようなことから寺院納骨堂と民営納骨堂とは厳密に区別することができない場合も少なくはありません。

例えば納骨堂の経営自体は寺院によって行われているものの、広告や販売などに関しては民間企業が手がけているケース、あるいは納骨堂の運営にも民間企業が携わっているケースなどがあります。

また、民間企業が運営全般を取り仕切っているという場合は特に顕著なのですが、デザイン性などに凝った多様性あるスタイルの納骨堂が多いという傾向もあります。

民営納骨堂のメリットとデメリット

◼メリット

1. 誰でも納骨可能

民営納骨堂の場合には基本的に申込みをしたうえで料金を支払えば誰でも納骨してもらえます。

公営納骨堂の場合、申し込みをするまでには公募抽選をパスしなければならず、応募が定員数を上回っている場合には落選することも珍しくはありません。

そのうえ、応募資格に関しても「該当地域に住所があり居住していること」「故人の遺族であること」「現在遺骨が手元にあること」などの条件をクリアしている必要があります。

2. 宗派に関係なく供養の形式は自由

供養の際に宗派や宗門などのしきたりにとらわれることなく自由な形で供養できます。

寺院納骨堂の場合には、そのお寺の宗派や宗門のしきたりに沿ったやり方で供養されることに対してあらかじめ合意をする必要があります。

3. 比較的交通アクセスが良い

民営納骨堂の交通アクセスに関しては、それぞれに違いはあるものの全般的に公営納骨堂と比較をした場合、交通アクセスの利便性が高い立地であることが多い傾向が見られます。

◼デメリット

1. 納骨堂のサイズが小さくなる

特に都市部の納骨堂の場合、どうしても利用可能な土地が狭いといったことから納骨堂自体のサイズも小さくならざるを得ず、それが原因で納骨を取りやめるご遺族の方も少なくない実情があります。

2. 公営よりも費用は高い

民営納骨堂の場合全般的な傾向としては公営よりも値段は高くなる傾向があります。

ただし一口に民営納骨堂といっても簡易的なロッカータイプの納骨堂から墓石式、さらにはコンピュータによって制御されている機械式のものまで多種多様であり、値段も数十倍から場合によっては百倍程度に開くことがあります。

また民営納骨堂の特徴としてはデザインなどが自由に選択できる場合もあり、その分の料金も別途必要となってきます。

民営の納骨堂の探し方

民間の納骨堂の探し方として最もオーソドックスなのがインターネットを利用する方法です。

自分の住んでいる地域の周辺にある納骨堂を一括で検索することができるポータルサイトなども登場してきており、ウェブサービスを利用しながらそれぞれの納骨堂の立地や必要となる料金などを見比べるようにして探すのがよいでしょう。

公営納骨堂について

公営納骨堂は、その自治体の「申込み条件を満たした人だけ」が申し込むことができます。まず、「その地域に住民票があり、在住していること」が第一でしょう。その他、生前に申込みが受け付けないところや生前でも受け付けるところなどがあり、申込み条件は自治体によって違うようです。

また、募集する定員よりも申込み者が多ければ抽選で決められます。申込めば必ず利用できるわけではありません。募集要項は、自治体の広報などに掲載されていることが多いので、公営納骨堂の利用を考えている人はこまめにチェックするようにしましょう。

公営の納骨堂の探し方

民営や寺院運営する納骨堂と違って、公営の納骨堂はインターネットで募集をしているところはそれほどありません。まずは自分が住んでいる地域や、納骨堂を購入したい地域の自治体のホームページで確認してみましょう。

ホームページに情報がない場合は、直接電話で問い合わせてみると良いでしょう。

民営納骨堂との違いは?

最も大きな違いは、公営で運営されているので費用は民営に比べて安く抑えられているということです。そのため、人気も高く希望者が多いので募集定員がすぐに埋まってしまうこともしばしは。

なかなか抽選が当たらないという声もよく聞かれます。設備は民営や寺院運営と同じく、さまざまな形式がみられますが、民営と違ってグレードの差はあまりないようです。

寺院納骨堂の特徴やメリット・デメリットを解説

寺院納骨堂について

寺院の敷地内に一般的な墓地とは別の形で納骨堂が設けられているというケースが一般的です。

寺院納骨堂は古くは「霊廟」と呼ばれ、その歴史は1,000年以上前の古代にまで遡ります。

日本においてもかつては遺骨の多くはこの霊廟(納骨堂)に納められることが多く、今のような墓石が一般的に広まったのは江戸時代後期から明治にかけてであるとされています。

元々この寺院納骨堂は寺院の檀家のうち一族の繁栄を願って永代まで供養をしてもらいたい人に対して提供されるというのが一般的でしたが、現代ではその逆に檀家は一般的な墓石で供養をされることが多くなり、そうではない人々が納骨堂で供養されるようになっています。

寺院納骨堂は元々一族の永代供養のために建てられることが多かったため、現代でも永代供養墓(塔)と呼ばれる場合も少なくありません。

現在日本では全国におよそ3,000もの寺院が存在するとされ、そのうち寺院納骨堂を持つものはその10%ほどであるとされています。

供養に関しては基本的にその寺院の宗派や宗門のしきたりに沿った形で行われるのが一般的で、その趣旨にあらかじめ同意しておく必要があります。

寺院納骨堂のメリットとデメリット

◼メリット

1. 永代供養を行っていることが多い

通常の公営または民営の納骨堂の場合、あらかじめ収蔵期間が設けられており、その期限を過ぎると供養も終わってしまいますが、寺院納骨堂の永代供養では期限を設けずその寺院が存続する限り供養してもらうことが可能です。

ただしすべての寺院がこうした永代供養を行っているというわけではなく、永代供養を希望する場合には別途料金を支払わなければならないところが一般的です。

また寺院によっては檀家もしくはその親族者にのみ永代供養を提供しているという場合もあります。永代供養以外の通常の納骨に関しては申し込みを行い、料金を支払えば抽選や審査などを行うことなく、誰でも供養してもらえるのが一般的のようです。

2. 宗派や宗門に則った行事

遺族の方々にとっては故人を偲ぶ機会となったり、共用の永代供養墓の場合であれば異なる遺族どうしの交流の場となるなど、こういったことに惹かれて寺院納骨堂を選択するといった方も少なくはないようです。

◼デメリット

1. アクセスが不便な場所に立地

交通アクセスについては寺院ということもあり一概にはなんとも言えない部分が多いのですが、交通アクセスなどがやや不便な場所に立地していることも少なくありません。その反面、景観の良さなどを謳っているところも多くある傾向が見られます。

2. 公営納骨堂よりも費用が高い

寺院納骨堂の場合民営納骨堂とほぼ同じで公営納骨堂よりは高額となるのが一般的です。また納骨堂の形式としても民営と同じくさまざまなタイプが存在し、それによって値段にも大きく差が出てきます。

寺院納骨堂の探し方

寺院納骨堂の探し方は基本的に民営納骨堂と同じではありますが、民営納骨堂に比べるとポータルサイトのようにまとまった形で紹介されるケースがやや少ないという欠点はあります。

便利なウェブサービスが見つからない場合には地域の寺院のホームページを見て納骨堂のある寺院を見つけたり、あるいはタウンページなどでお寺を調べて電話をかけたりするなど、地道な作業が必要となる場合もあります。

このページを見ている人におすすめのページ

>>納骨堂の契約の流れと費用目安

>>法要の充実度などで選出した民間の納骨堂おすすめ5選

費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.