永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

生前準備や大切な人のための納骨堂の選び方

このサイトでは、永代供養ができる東京の納骨堂をご紹介しています。そのなかでも、
評判のよい納骨堂をピックアップして、参拝方式や交通アクセス、法要の内容などで比較。
お薦めの順にご紹介しています。納骨堂の購入を検討している方のお力になれれば幸いです。

希望別・人気の納骨堂3選

  • お骨に対面してお参りしたいなら
  • アクセスの良さで選ぶなら
  • 宗派で選ぶなら
  • 宗派にこだわらないなら
HOME » 納骨堂の基礎知識 » 納骨堂のその他の種類

納骨堂のその他の種類

公営納骨堂や民営納骨堂について解説します。運営元によっての違いはあるの?

納骨堂の運営者は?

納骨堂は、民間業者が運営する民営納骨堂、自治体が運営する公営納骨堂、寺院が運営するものがあります。

公営納骨堂

都道府県や、市町村など自治体が運営・管理する納骨堂。宗教は仏教形式が多いようですが、自治体によって違いがあります。

民営納骨堂

宗教法人、財団法人、社団法人などの公益性をもつ法人が運営・管理する納骨堂で、販売などは民間業者が行います。多くは宗教・宗派・宗旨を問わないようです。

寺院納骨堂

寺院が運営・管理する納骨堂。寺院内や寺院の敷地に設けられることが多いようです。

公営納骨堂の特徴

公営納骨堂は、その自治体の「申込み条件を満たした人だけ」が申し込むことができます。

まず、「その地域に住民票があり、在住していること」が第一でしょう。

その他、生前に申込みが受け付けないところや生前でも受け付けるところなどがあり、申込み条件は自治体によって違うようです。

また、募集する定員よりも申込み者が多ければ抽選で決められます。申し込めば必ず利用できるわけではありません。

募集要項は、自治体の広報などに掲載されていることが多いので、公営納骨堂の利用を考えている人はこまめにチェックするようにしましょう。

民営納骨堂との違いは?

最も大きな違いは、公営で運営されているので費用は民営に比べて安く抑えられているということです。

そのため、人気も高く希望者が多いので募集定員がすぐに埋まってしまうこともしばしは。なかなか抽選が当たらないという声もよく聞かれます。

設備は民営や寺院運営とおなじく、さまざまな形式がみられますが、民営とちがってグレードの差はあまりないようです。

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド