永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

生前準備や大切な人のための納骨堂の選び方

このサイトでは、永代供養ができる東京の納骨堂をご紹介しています。そのなかでも、
評判のよい納骨堂をピックアップして、参拝方式や交通アクセス、法要の内容などで比較。
お薦めの順にご紹介しています。納骨堂の購入を検討している方のお力になれれば幸いです。

希望別・人気の納骨堂3選

  • お骨に対面してお参りしたいなら
  • アクセスの良さで選ぶなら
  • 宗派で選ぶなら
  • 宗派にこだわらないなら
HOME » 納骨堂の基礎知識 » 納骨に必要な各種手続き

納骨に必要な各種手続き

何を用意していいかわからない納骨の手続き。

ここでは、納骨の手続きの注意点などを解説します。

死亡から納骨までの手続きの流れ
家族が死亡した場合など、基本的には以下の手続きと流れで納骨までを済ませます。

  • 死亡を確認した医師より死亡届を発行してもらう
  • 死亡届を市町村の役場に提出する
  • 市町村役場より死体火葬許可証を発行してもらう
  • 火葬場に死体火葬許可証を提出する
  • 火葬が終了したら、火葬場から死体火葬許可証に印を押してもらう(これが死体埋葬許可証となる)
  • 墓地の管理者に死体埋葬許可証を提出する
  • 埋葬(納骨)する

順次、具体的な注意点等を確認していきましょう。

具体的な注意点

まず死亡届の提出ですが、「死亡の事実を知った日を含めて7日以内」に役所へ提出しなければなりません。
提出先は、(1)死亡した本人の本籍地、(2)届出人の所在地、(3)死亡した土地、以上のいずれかの役所になります。
役所から案内もあると思いますが、死亡届を提出する際には、併せて死体埋火許可申請書を提出しておきましょう。
提出すれば、その場で死体火葬許可証をもらうことができます。

なお死体火葬許可証は再発行ができません。
非常に重要な書類となりますので、絶対に紛失しないように管理しましょう。
万が一紛失した場合には、すぐに役所へ連絡をして、対応を教えてもらいましょう。

また、納骨には「改葬」という流れもあります。
お墓の引っ越しで、別のお墓に納骨をし直すことです。
改葬の場合も役所での手続が必要となりますので、くれぐれも業者と単独で改葬を進めないようにして下さい。

改葬の場合、通常は市町村の保健所に、改葬許可申請書を提出します。
記入に不備がなければ、その場で改葬許可証が発行されます。
この改葬許可証を、改葬先の墓地または納骨堂の管理者に提出したうえで、改葬を行います。

自宅で亡くなった場合の注意点

全ての人が病院で亡くなるわけではありません。
前夜までは元気だった人が、朝になったら亡くなってしまう場合もあります。
家族の死を現実のものとして受け止めることができずに、しばらく自宅に遺体を置いている人もいらっしゃいます。

その場合、公衆衛生上の問題もありますが、それ以前に遺体への尊厳を侵害する行為として、死体遺棄罪に問われることもあるので、かかりつけ医や警察などに早めに連絡しましょう。

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド