費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 納骨堂の基礎知識 » お墓と納骨堂の違い

お墓と納骨堂の違い

お墓と納骨堂の違いとは?ここでは、お墓と納骨堂との違いをいろいろな面からくわしく検証していきます。まずは、メリットとデメリットを簡単にご紹介します。

お墓

一度購入すれば、家族代々の墓として永代使用できる
自分たちだけのスペースを確保できる

デメリット

墓石代などの費用がかかる掃除や献花など、購入後の管理が大変
山の中など、立地が悪い場所にあるものが多い

納骨堂

メリット

天候に左右されずにお参りすることができる
交通の便が良いので、年配の方でもお参りしやすい
墓石代などがかからないため、費用を安く抑えられる
掃除や献花など、管理を施設に任せられる

デメリット

遺骨の収蔵に期限がついている場合が多い
施設によっては、遺骨に直接参拝することができない
合葬タイプの納骨堂では、後から遺骨を引き取ることができない

お墓と納骨堂との違いをくわしくみてみると…

日本では墓地・埋葬に関する法律によって、墓地以外の場所へ遺骨を埋葬することは禁じられています。そのため、これまでは家ごとに墓地にお墓をたて、そこに先祖代々の遺骨を埋葬し、子孫がお墓の管理を受け継いできました。

一方、納骨堂とは遺骨を預けて管理してもらう施設で、都道府県知事によって許可を受けている寺院や霊園などが建てることができます。納骨堂では遺骨は埋葬せず、利用者ごとに決められたスペースに骨壺を預ける形です。骨壺を預ける場所には、仏壇型、ロッカー式、棚式、墓石を置くタイプなどがあります。

価格は、グレードによりますが通常はお墓の方が高額です。

土地代、墓石代、工事費、永代使用料などをいれると、お墓を建てるのに必要な費用は平均して200万円前後といわれています。その点、納骨堂はグレードの高いものは100万円以上するものもあるようですが、平均して30万円~50万円前後の価格帯です。

立地の点では、お墓が広い墓地のある郊外に建てるのに対し、納骨堂は都心のビルの屋内です。エレベーターや冷暖房、バリアフリーなどにも配慮している施設もあり、屋内なので明るく清潔感があります。

メンテナンス面では、お墓が草とりや掃除、墓石のクリーニングなどの管理が必要なのに対して、納骨堂では利用者が施設のメンテナンスをする必要性はありません。

参拝時間については、お墓には比較的自由にお参りができるのに対して、納骨堂では、参拝のできる時間が制限されている施設もあります。使用できる期間をみると、お墓は受け継ぐ人がいれば先祖代々引き継がれますが、受け継ぐ人がいなくなると、無縁墓となります。

納骨堂は、施設によって代々受け継げるものや、一代限りのものなどあります。お墓は埋葬する遺骨の量に制限がない(代々埋葬できる)のに対し、納骨堂は収納する遺骨の量が制限されていますので、ほとんどが単身者かご夫婦、という形のようです。宗教に関しては、墓地は寺院に付属しているので宗派が限定されることもありますが、霊園や納骨堂は宗派、宗旨を問わないところがほとんどです。永代供養についてはお墓も納骨堂も対応してくれます。

新しい「供養」の形「納骨堂」

生涯未婚者や子どもを持たない家庭では、お墓の継承に悩む人が多いようです。

また、高額のお墓を持っても遠い故郷や郊外にあるため、なかなかお参りに行けないし管理も難しくなります。お墓を手放す「墓じまい」も増えているそうです。さらに、新しい墓地が手に入りにくい東京などの都心部では、新しい「供養」の形として納骨堂は今後ますます増えると考えられています。

このページを見ている人におすすめのページ

>>納骨堂の種類を詳しく解説

>>公開しない納骨堂の選び方

費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.