費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 納骨堂の基礎知識 » 納骨堂の選び方

納骨堂の選び方

納骨堂選びのためのチェックポイントをまとめています。

これだけは確認!納骨堂選びの重要点

宗教・宗派

民営の納骨堂などの場合は、宗教宗派を問わないところが多いですが、寺院が運営する納骨堂では過去の宗派などを問われる場合もあります。また、納骨後の供養もその寺院の方式に従う場合が多いようです。さらに、寺院運営の納骨堂では檀家にならなければいけない場合もあるので、あらかじめ確認が必要です。檀家になる場合は、その分費用もプラスされます。

宗派にこだわらない東京の納骨堂をこちらでご紹介しています

宗派ごとのおすすめの納骨堂はこちらをご覧ください

収められる遺骨の数

遺骨壇によって、1人用、2人用、あるいは家族用など、納められる骨壷の数が異なります。また、骨壺を使うのか専用の納骨袋を使うのかでも異なります。家族代々の墓として使用を考えている場合には、それぞれの最大収容人数も確認しておきましょう。

収蔵期間

もっとも一般的な収蔵期間は33年間。場合によって7年、あるいは100年というところもあります。また、三十三回忌を迎えた後に契約更新が可能かどうか確認しましょう。永代供養された遺骨は、再度取り出すことができなくなるので注意が必要です。

直接遺骨の前に行くことができるか

納骨堂によっては、遺骨に直接対面することができない場合があります。費用が安く済むというメリットがありますが、故人の遺骨に会えないのは寂しい気もしますね。また、お線香やお供え物にも制限がある場合もあります。参拝方式は納得のいくまで検討することをおすすめします。

追加費用

納骨堂の使用料のほかに、管理費や護持会費など追加で費用が掛かる場合もあります。また、戒名や位牌などが料金に含まれているのかどうかも、あらかじめ確認しておきたいポイントです。

管理・経営状態

納骨堂の清掃などの管理状態や、そもそもの経営状態にも目を配りましょう。設備の手入れなどがおろそかになっている納骨堂は避けた方がいいと思います。納骨時や納骨後に、手厚く供養をしてもらえるかどうかも重要です。建物の老朽化などが気になる場合も避けた方がよいでしょう。

優先順位を決める

見学をする前に、あらかじめ優先順位を決めておくのがポイントです。決め手となるポイントは人それぞれ。立地、納骨数、費用、あるいは宗派など。これらのどれを優先するか、ご家族で話し合っておくと、後々満足のいく納骨堂選びができると思います。

必ず見学をする

納骨堂は、資料だけで決めてはいけません。必ず見学をしましょう。施設の雰囲気や交通アクセスなどは、実際に見てみないと分からないことも多いです。大切な方が長い時間を過ごす場所です。良い環境かどうか、そのお寺の考え方はどうか、供養の方法は適切か、しっかりと目で見て確認した上で決定することが大切です。

費用、立地、宗派など、希望別に紹介。東京の納骨堂おすすめ3選はこちら

費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.