費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 納骨堂の基礎知識 » 分骨を行う際の手続き

分骨を行う際の手続き

このページでは分骨を行う際に必要な手続きについて説明いたします。

すでに埋葬されている場合の分骨の手続き方法

分骨の手続きは、すでに埋葬されている遺骨を他の場所へと分けて分骨する場合と、これから埋葬する遺骨を分骨する場合の、2パターンに分けられます。
それぞれ必要となる手続きが異なりますので、注意しましょう。

前者の場合は、埋葬されているお墓等の管理者から「分骨証明書(又は分骨であることを証する埋蔵証明書もしくは収蔵証明書)」を発行してもらい、それを受け取ります。
遺骨全てを移動させるためには、改葬の手続きが必要になりますが、本骨を移動しない分骨の場合、その必要はありません。
しかし、遺骨を取り出す際には、僧侶に分骨の法要を行ってもらう必要があります。

次に、新たに埋葬する場所の管理者まで、遺骨と一緒に「分骨証明書」を提出しましょう。
その際には、印鑑や、永代供養を希望する場合は永代使用承諾証(権利証)が必要となる場合がありますので、管理者に確認しておくことが必要です。

これから埋葬するときに分骨する場合

遺骨をお墓や納骨堂に納骨する前に、複数の場所に納骨を行う場合は、通常手続きは火葬場で行うことになります。
火葬の前にすでに分骨を決めているなら、火葬場の管理者にその旨をあらかじめ話しておく必要があります。
この時に必ず分骨について話しておいてください。
そうすることで、分骨するための複数の骨壺が用意され、「火葬許可書」の他に「火葬証明書(分骨証明書)」が発行されます。

遺骨は本骨、分骨に分けられます。
埋葬先に納骨する際には、本骨は通常でも発行される「火葬許可書」が、分骨はこの「火葬証明書(分骨証明書)」をそれぞれの埋葬先の管理者に提出しましょう。

分骨する場合でも、自宅など手元において供養を行う場合は、管理者はご自身であるため、このような証明書はとくに必要ありません。
ただし、将来その遺骨をお墓や納骨堂に納める際には証明書が必要となりますので、火葬の際には証明書を所得しておき、大切に保管しておくといいでしょう。

改葬と分骨の違いを事例ごとにわかりやすく解説

納骨堂内の別スペースに移動する場合は改葬にはならない

同じ納骨堂での遺骨の移動は、改葬ではないので許可証も必要ありません。

一見「改葬」に当てはまるように思われがちですが、納骨堂自体が一つのお墓と考えられるため、この場合は改葬の扱いにはならないのです。

なお、お墓からお墓への移動の場合は、例え同じ墓地内の移動であっても、別の場所へ移動するわけですから改葬手続きが必要となります。

土や線香の灰を移動する場合は改葬でも分骨でもない

土や線香の灰などの移動は、改葬でも分骨でもなく、どちらの手続きも必要ありません。

厚生労働省が定める、墓地・埋葬等に関する法律に記載されている「改葬にあたる移動」は、あくまでも遺骨に関するものです。

遺骨の一部を別のお墓や納骨堂へ移す場合は分骨にあたる

既に納骨されている遺骨の一部を別のお墓や納骨堂へ移すのは、「分骨」にあたります。

分骨の定義は「遺骨の一部を分け他へ移す」という事ですので、同様に遺骨の一部を自宅で保管したり、遺骨の一部をペンダント等に分けて持ち歩いたりするのも分骨です。

遺体を掘り起こし火葬して同じ場所に戻した場合はどちらでもない

埋葬場所を移動していませんので、改葬にも分骨にもあたりません。

墓地・埋葬等に関する法律にあるように、「改葬」にあたるのは遺骨すべてを別の場所に移転する事です。遺体や遺骨を取り出したとしても、それを別の場所へ移動させて納めたり埋めたり保管したりしない限りは、改葬の扱いにはなりません。

お墓のリフォームをする際も同じです。工事が終了するまで遺骨を一時的に自宅で保管していたとしても、再び同じお墓へ納骨するのでしたら改葬にはあたりません。

遺骨を海に散骨する場合もどちらでもない

お墓や納骨堂にある遺骨を全て散骨する場合は、改葬にも分骨にもあたりません。

墓地、埋葬等に関する法律第1章第2条では、

『この法律で「改葬」とは、埋葬した死体を他の墳墓に移し、又は埋蔵し、若しくは収蔵した焼骨を、他の墳墓又は納骨堂に移すことをいう』

とあります。

散骨(撒く事)についての記載や規定はありませんので、許可証も必要ないという事になります。

一方で、お墓や納骨堂にある遺骨の一部を自宅に持ち帰り、残りを散骨した場合は「改葬」にあたる可能性があります。

遺骨は散骨した為、自宅にある遺骨のみとなりますので、埋葬場所から別の場所(自宅)に移動させたとみなされるわけです。

散骨については各自治体で対応が変わる場合もありますので、まずは問い合わせて見られる事をおすすめします。

遺骨を二つに分けて別々の場所に移す場合は両方の手続きが必要

一つは「改葬」もう一つは「分骨」の扱いになります。

あまり例のない事ではありますが、家族や親族、本家と分家などが二分して遺骨を欲しいと訴えた場合などでこういった方法をとるケースがあります。

どちらが改葬でどちらを分骨にしても問題はありませんが、改葬許可申請と分骨手続きの両方が必要になります。

このページを見ている人におすすめのページ

>>分骨で利用する人も多い、「納骨堂」について詳しく知る

費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.