永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

生前準備や大切な人のための納骨堂の選び方

このサイトでは、永代供養ができる東京の納骨堂をご紹介しています。そのなかでも、
評判のよい納骨堂をピックアップして、参拝方式や交通アクセス、法要の内容などで比較。
お薦めの順にご紹介しています。納骨堂の購入を検討している方のお力になれれば幸いです。

希望別・人気の納骨堂3選

  • お骨に対面してお参りしたいなら
  • アクセスの良さで選ぶなら
  • 宗派で選ぶなら
  • 宗派にこだわらないなら
HOME » 納骨堂の基礎知識 » 分骨を行う際の手続き

分骨を行う際の手続き

このページでは分骨を行う際に必要な手続きについて説明いたします。

すでに埋葬されている場合の分骨の手続き方法

分骨の手続きは、すでに埋葬されている遺骨を他の場所へと分けて分骨する場合と、これから埋葬する遺骨を分骨する場合の、2パターンに分けられます。
それぞれ必要となる手続きが異なりますので、注意しましょう。

前者の場合は、埋葬されているお墓等の管理者から「分骨証明書(又は分骨であることを証する埋蔵証明書もしくは収蔵証明書)」を発行してもらい、それを受け取ります。
遺骨全てを移動させるためには、改葬の手続きが必要になりますが、本骨を移動しない分骨の場合、その必要はありません。
しかし、遺骨を取り出す際には、僧侶に分骨の法要を行ってもらう必要があります。

次に、新たに埋葬する場所の管理者まで、遺骨と一緒に「分骨証明書」を提出しましょう。
その際には、印鑑や、永代供養を希望する場合は永代使用承諾証(権利証)が必要となる場合がありますので、管理者に確認しておくことが必要です。

これから埋葬するときに分骨する場合

遺骨をお墓や納骨堂に納骨する前に、複数の場所に納骨を行う場合は、通常手続きは火葬場で行うことになります。
火葬の前に既に分骨を決めているなら、火葬場の管理者にその旨をあらかじめ話しておく必要があります。
この時に必ず分骨について話しておいてください。
そうすることで、分骨するための複数の骨壺が用意され、「火葬許可書」の他に「火葬証明書(分骨証明書)」が発行されます。

遺骨は本骨、分骨に分けられます。
埋葬先に納骨する際には、本骨は通常でも発行される「火葬許可書」が、分骨はこの「火葬証明書(分骨証明書)」をそれぞれの埋葬先の管理者に提出しましょう。

分骨する場合でも、自宅など手元において供養を行う場合は、管理者はご自身であるため、このような証明書はとくに必要ありません。
ただし、将来その遺骨をお墓や納骨堂に納める際には証明書が必要となりますので、火葬の際には証明書を所得しておき、大切に保管しておくといいでしょう。

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド