永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

生前準備や大切な人のための納骨堂の選び方

このサイトでは、永代供養ができる東京の納骨堂をご紹介しています。そのなかでも、
評判のよい納骨堂をピックアップして、参拝方式や交通アクセス、法要の内容などで比較。
お薦めの順にご紹介しています。納骨堂の購入を検討している方のお力になれれば幸いです。

希望別・人気の納骨堂3選

  • お骨に対面してお参りしたいなら
  • アクセスの良さで選ぶなら
  • 宗派で選ぶなら
  • 宗派にこだわらないなら
HOME » 納骨堂の基礎知識 » 散骨とは

散骨とは

このページでは散骨の方法、行う場所、必要な書類と注意事項について説明しています。

散骨とは無宗教でもできる埋葬法

埋葬法の一つである散骨とは、遺骨を海や山などにまき、自然に帰すというやり方です。
無宗教で行えるので、この埋葬法を希望する方が日本でも増えています。

散骨を行う場所ですが、私有地に勝手に散骨すれば大きなトラブルになりますので、海への散骨が最もハードルが低いようです。
ただし、たとえ海であっても漁業場、養殖場近くでは風評被害に発展しかねませんし、客船では他のお客様に迷惑ですよね。
散骨のためにチャーターした船やボートで、漁場以外で散骨する必要があります。
一部のお寺では樹木葬も行っており、これは墓地霊園の許可があるので比較的安心です。

それから、火葬後の遺骨そのままでは、撒くのに難しい大きさなので、粉末状になるまで砕く必要があります。
この作業を自分で行うのは、精神的にも辛いため、専門の業者に依頼することも多いようです。
散骨を行うNPO法人も存在しており、粉末にする作業も実際の散骨場所のコーディネートも行ってくれます。

個人で散骨を行う場合、供養という面でも、法律上の面でも、場所選びのトラブルという面でも、問題が起こりがちです。
十分な準備、下調べ無しに安易に散骨を行うことは避けたほうが良いでしょう。

散骨に必要な書類と注意事項

日本の法律では、墓地以外で遺骨を埋葬してはならないとありますが、節度をもって行う散骨の場合は違法ではないという見解を、法務省が1991年に出しました。
よって、現在では1つの埋葬法として散骨は広く認知されています。

しかし、この節度が大切で、遺骨を持ち歩く以上はきちんと書類を用意しておいたほうがいいでしょう。
業者でもそうした書類について案内しています。
必ず持っておいたほうがいいのは、火葬許可書のコピーです。
死亡届けを提出したのちに市役所などで発行される書類で、火葬場に提出します。
散骨の予定がある場合は、コピーをとっておく必要があります。

一度お墓などに埋葬された後に散骨する場合は、お墓などの管理者が発行する改葬許可書のコピーをとっておくといいでしょう。
その他では、死亡届や死亡診断書などのコピーなどがあると安心です。
海外で散骨を行う場合は、これらの書類の英訳を持参しましょう。

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド