費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】 » 大切な人のために

大切な人のために

ここでは、大切な方のために納骨堂を選んだ方の体験談を紹介しています。

大切な人のためのお墓選び

お墓を用意する前にご親族が急に亡くなったり、あるいはお子さまが亡くなった場合には、急いでお墓を用意する必要があります。

納骨堂の場合は費用の負担が少なく、急な用意にも対応することができるというメリットがあります。

それでは、納骨堂を選んだ方の体験談をご紹介しましょう。

ケース1:母の急死(50代男性)

母が亡くなったので、四十九日までにお墓を探さなければなりませんでした。
両親は離婚しているので、父のお墓には入ることができません。
兄弟はみな東京にいるため、アクセスのよいところを探していました。

私としては、正直お墓を購入するほどのお金が用意できなかったため、低予算で済む納骨堂の存在を知って、救われる思いがしました。

いくつかの寺院を見学しましたが、いちばん感じがよく、対応の早いところに決めました。

結果として四十九日までにお墓を用意することができ、私たち兄弟もお墓参りが楽にできて助かっています。

ケース2:死産で生まれた子どものために(40代男性)

死産で生まれた子どもを、家の近くのお寺に預けていました。
それでは子どもがかわいそうなので、妻と相談して、しっかりとした納骨壇を用意することにしました。

死産なので名前がなく、戎名もないのが心配でした。
ご住職さまに相談したところ、戎名がなくてもよく、名字だけよいという説明をいただいて、決断しました。

娘の遺骨を立派な納骨壇に入れることができて、安心しました。
一般のお墓では対応してもらえなかったのですが、納骨堂を選んでよかったと思います。

ケース3:孤独死をした父と、故郷の母のために(50代女性)

一人で暮らしていた父が孤独死をしました。
遺体を引き取り、火葬の予定が決まってしまいましたが、お墓の用意はできていなかったのです。
また、故郷のお寺に預けている母の遺骨も、この機会に改葬をすればお墓参りがしやすいと思い、2人用の遺骨壇をお願いしました。

いつでも両親に会いに行くことができますし、費用の負担も軽くなったので、とても助かりました。

改葬にも納骨堂がおすすめ

ここでご紹介したように、実は改葬のために納骨堂を利用される方も多いようです。

「大切な方のお墓が遠くてなかなかお墓参りに行けない」あるいは「離れたお墓にいる両親を一緒にしてあげたい」といった理由から、都心近郊の納骨堂を選ばれる方もいらっしゃるようです。

納骨堂は、現代的な葬儀・お墓の考え方に合うものとして、今後も普及していきそうですね。

このサイトでは、費用や立地など、希望別におすすめの納骨堂を紹介していますので、ぜひ見てみてください。

改葬で納骨堂を選んだ人の体験談を紹介

ケース1:女手一つで育ててくれた母の他界がきっかけに(40代女性)

父の他界後、女手一つで私を育ってくれた母が心不全で急死しました。結婚して母の元を離れることになり十数年が経った頃です。親孝行の一つもできないままの別れとなってしまい、最初は信じられず何も手が付けられない状態でした。

父が眠っている実家の近くのお墓に母を入れるつもりでいたのですが、母が亡くなった今、お墓を守る身内は私だけです。まだ手のかかる子供の育児で、田舎の実家まで行くのは難しいと判断しました。

母にも父にもいつでも会いに行ける場所にいて欲しいという気持ちもあり、実家近くにあるお墓を改葬して、私の自宅から車で30分のところにあるお寺の納骨堂に預けることを決めたのです。

納骨堂というと質素なイメージですが、永代供養があって、住職さんがしっかりご供養してくださるとても手厚いものでした。安心してお任せしています。

お墓を準備するよりもお金がかからないということもありましたが、月に一度は子供と一緒に会いに行き、孫の成長を見せてあげられるのも、改葬して近くに納骨できたお陰です。思い切って決断して本当によかったと思います。

ケース2:墓地のあるお寺が倒産の危機に(50代男性)

代々続く墓地のあるお寺が、経営難で倒産するかもしれないという噂を聞いたのが改葬を決断したきっかけです。

墓石もだいぶ古くなっていて、リフォームを考えていたところでしたが、知人に改葬後すぐに倒産したと聞いて、リフォームしなくてよかったと胸をなでおろしたのを今でも覚えています。

納骨堂に預けたのは、私どもに子供がおらず、また身内も県外にいてなかなか墓参りができない状況だったからです。先々を考えると、またお墓を建てるにしても一旦は納骨堂に預けた方が無難だなと思いました。

ご先祖を狭い場所に閉じ込めてしまってよいものかと改葬直前には少し迷いましたが、住職の温かいお言葉や自然環境のよさに、ここでよかったと心から思いました。つい先日、県外から身内の者もお参りに来て、よい所で驚いたと言っていて鼻が高かったです。

納骨堂へ何度も通ううちに、リフォームを考えたのも墓地が経営難に陥ったのも、すべてこの納骨堂へ来る運命だったからだと思うようになりました。

もともとお墓のリフォーム代を準備して、そこからお支払いしましたが、想定外の安さでお釣りがくるほどで、こちらも感謝しています。

ケース3:インターネットで見つけた納骨堂(50代主婦)

50代の主婦です。自宅で実母を介護しながら、老人ホームにいる父を見舞っていましたが、この度、その父が永眠したのをきっかけに納骨堂の方にお願いすることにしました。

先祖のお墓は今いる場所から車で3時間ほどかかる場所にあります。母の介護のこともあり、常々お墓の管理までするのは難しいと思っていました。他に任せられる身内もいないので、主人と相談して改葬することに決めたんです。

インターネットで納骨堂を探して、費用も少なくて済むところに決めました。一人30万円という安さでしたが、見学してみて価格以上のものを感じられたので迷いはなかったですね。

父を先祖のお墓に入れてあげられなかったと悲しい気持ちがありましたが、お葬式にも出られなかった母が車いすで納骨堂まで行けたんです。片道3時間もかかるあのお墓では到底無理だったと思います。

涙を浮かべながら父に語り掛ける母を見て、この納骨堂に決めてよかったねと主人と一緒に泣き笑いです。

子供たちが大きくなってお墓が欲しいと考えるなら、また納骨堂から改葬してお墓に納めるのもよいと思っています。お墓にしても納骨堂にしても、近くに居られる場所が一番だと思いました。

費用、立地、宗派など、希望別に紹介。東京の納骨堂おすすめ3選はこちら

費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.