永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

生前準備や大切な人のための納骨堂の選び方

このサイトでは、永代供養ができる東京の納骨堂をご紹介しています。そのなかでも、
評判のよい納骨堂をピックアップして、参拝方式や交通アクセス、法要の内容などで比較。
お薦めの順にご紹介しています。納骨堂の購入を検討している方のお力になれれば幸いです。

希望別・人気の納骨堂3選

  • お骨に対面してお参りしたいなら
  • アクセスの良さで選ぶなら
  • 宗派で選ぶなら
  • 宗派にこだわらないなら

大信寺

東京で納骨ができる「大信寺」についてまとめています。

  • 運営母体/ 大信寺
  • 宗派/ 浄土真宗(宗教宗派不問)
  • 所在地/ 東京都港区三田4-7-20
  • 最寄駅/ 都営地下鉄浅草線・京急本線「泉岳寺駅」徒歩8分
  • 東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線「白金高輪駅」 2番出口より徒歩2分

大信寺の特徴

大信寺の画像

大信寺は、慶長16年に創建された歴史あるお寺です。もともとは南八丁堀につくられ、この時の山号は「峰島山」でした。その後寛永12年、江戸の発展に伴って現在の三田に移り、名称が宝島山峯樹院 大信寺になったようです。
また、大信寺は別名「三味線寺」とも呼ばれています。江戸三味線製作の始祖とも呼ばれる石村源左衛門が大信寺に葬られ、三味線制作の家系である石村家の代々の墓があることからそう呼ばれているそうです。

 大信寺の永代供養の納骨方法を紹介します。

遺骨は、大信寺の住職が供養をしたのち、2週間ほどかけてパウダー状になるまで砕きます。その上で全骨を納骨壇に納め、お参りが可能になります。

基本的には七回忌まで供養を行い、安置されます。七回忌の後は、更新がなければ合祀・永代供養となります。

永代供養のための費用

永代供養のための費用は以下になります。

永代供養個人墓 一基一式:20万円

一式費用の中には、以下のものが含まれます。

お戒名

七回忌までの法要(施餓鬼法要・十夜法要)

6年間の仏国殿個別安置、その後の合祀永代供養

維持管理費

イベント参加費用

刊行紙

※ただし、お盆供養費は別途となります。

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド