永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド

生前準備や大切な人のための納骨堂の選び方

このサイトでは、永代供養ができる東京の納骨堂をご紹介しています。そのなかでも、
評判のよい納骨堂をピックアップして、参拝方式や交通アクセス、法要の内容などで比較。
お薦めの順にご紹介しています。納骨堂の購入を検討している方のお力になれれば幸いです。

希望別・人気の納骨堂3選

  • お骨に対面してお参りしたいなら
  • アクセスの良さで選ぶなら
  • 宗派で選ぶなら
  • 宗派にこだわらないなら

五百羅漢寺

東京で納骨ができる「五百羅漢寺」についてまとめています。

  • 運営母体/ 五百羅漢寺
  • 宗派/ 単立寺院(宗旨・宗派を問いません)
  • 所在地/ 東京都目黒区下目黒3-20-11
  • 最寄駅/ JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線・東映地下鉄三田線「目黒駅」徒歩12分、東急目黒線「不動前駅」徒歩8分、東急バス(渋41)「不動尊参道前」徒歩1分

納骨堂比較ランキングへ移動

五百羅漢寺の特徴

五百羅漢寺の画像

天恩山五百羅漢寺は、「目黒のらかんさん」として親しまれている羅漢像を安置しているお寺です。この羅漢像は、元禄時代に松雲元慶禅師が江戸で集めた浄財で、十数年物年月をかけて作り上げたものだそうです。五百体を越えてから現在までで三百年が経っており、東京都の重要文化財にも指定されています。

五百羅漢寺の納骨堂は、仏壇と納骨壇がセットになった霊廟です。上段が仏壇、下段が納骨壇になっており、大きさは高さ220cm、幅60cm、奥行45cmです。
下段の納骨壇には大型の骨壷が18個入るので、故郷のお墓のお引越しも可能です。

納骨に必要な仏具はすべて付属しており、家紋と「◯◯家」という銘板が入ります。
参拝時間は午前9時から午後5時まで。年中無休です。午後4時30分ごろまでにはお寺に到着しているとよいでしょう。
なお、お線香は、一般のものは使用できません。五百羅漢寺指定の「微煙香」か「天恩香」のみ使用がかのうです。

永代供養のための費用

  • 極楽金殿(地下2階)※現在は完売しております。
  • 霊廟価格:240万円 永代管理基金:50万円 合計290万円
  • 極楽青殿(3階)
  • 霊廟価格:350万円 永代管理基金:50万円 合計400万円

(極楽黄殿、極楽緑殿は完売)
霊廟価格は、必要な仏具がすべて含まれた費用です。
管理費用は永代管理基金が充てられるため、購入後の管理費は不要です。
申込時に、申込金10万円以上が必要になります

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド