費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編 » 幸國寺瑠璃殿

幸國寺瑠璃殿

東京で納骨ができる「幸國寺瑠璃殿」についてまとめています。開館時間が長いので、参拝の幅が広がります。

幸國寺瑠璃殿

引用元:瑠璃殿 http://www.ruriden.jp/about/

幸國寺瑠璃殿の特徴

幸國寺は、寛永7年(1630年)中明院日観上人によって開山され日蓮宗のお寺です。瑠璃殿は、平成33年(西暦2021年)の「日蓮聖人御降誕800年」を控え、幸國寺が掲げる慶讃事業「5つの柱」のひとつとして新設されました。

参拝時間は5:00〜22:00です。基本的にはICカードを使用して参拝しますが、9:00〜17:00はICカードがなくても入堂できます。焼香台の左にあるカードリーダーにカードをかざすと、自分自身の瑠璃基が点滅します。参拝者は瑠璃基および正面のご本尊に参拝します。

納骨堂は、2046基もの古代ガラスの仏さまが一斉に光りを放つ、光に満ちた空間となっています。通常時には金色に輝くこの壁面は、納骨式や法要の時には瑠璃色へと変化して天空の慈愛に満ちた青い光に包まれ、非常に神秘的です。

幸國寺瑠璃殿の永代供養のための費用

沙羅 75万円/1人、95万円/2人
綺羅 150万円/1~2人※3人以上の場合、1人につき20万円加算。

※「沙羅」「綺羅」ともに生前予約をした場合、年間志納金9,000円が別途必要です。こちらには「瑠璃基」および「専用収蔵庫」使用権のほか、亡くなった際の戒名の授与も含まれます。亡くなった後には志納金は不要です。

幸國寺瑠璃殿の購入者の声・評判

幸國寺瑠璃殿に関する口コミや評判の声は、見つけることができませんでした。古代ガラスの仏さまが光り輝くという、一風変わった納骨堂である幸國寺瑠璃殿が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。実際に見学をしたり、スタッフの方の話を聞いたりすることで、お寺や納骨堂の雰囲気なども詳しく知ることができるはずです。幸國寺瑠璃殿が気になった方は、まずは直接お問い合わせをしてみてはいかがでしょうか?

また、納骨堂の評判の声はありませんでしたが、お寺を参拝した方の声がありましたので、いくつかご紹介します。

幸國寺瑠璃殿の基本情報

運営母体 幸國寺
宗派 日蓮宗(納骨するのに宗派を問わないかどうかは公式サイトに記載なし)
所在地 東京都新宿区原町2-20
最寄り駅 都営大江戸線「牛込柳町」駅より徒歩2分
機械式か対面式か
費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.