費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 希望別・人気の納骨堂【東京版】 » 立地やアクセスで選ぶなら

立地やアクセスで選ぶなら

このページでは、立地やアクセスのいい納骨堂を選びました。納骨堂は、「行きやすいことだけではなく、周辺環境がいいかどうか」も重要です。自分や大切な人が眠る場所は、できる限り静かで落ち着いた場所がいいですよね。

費用や法要で比較した東京の納骨堂おすすめ5選はこちら

立地やアクセスが良い納骨堂3選

龍善寺早稲田納骨堂

龍善寺早稲田納骨堂の画像
駅からのアクセス 東京メトロ東西線「早稲田」駅より徒歩2分
おすすめの理由 最寄り駅は地下鉄ですが、高田馬場駅からも利用可。付近のバス路線が充実していること、また都電荒川線など複数の路線を使えることから選びました。駅からも近く、早稲田というお土地柄もあって、それほど騒がしくはありません。
特徴

ゆっくりお参りできる個室の参拝ブース

エントランスは明るく広々とした空間で、納骨堂の参拝ブースはゆとりのある個室になっています。他の参拝者のかたを気にせず、ゆっくりと参拝ができるのが嬉しいですね。 通常は収蔵用のスペースにある遺骨も、希望があれば奥から骨壷を出して直接参拝することも可能です。(特別参拝として、志が必要) お彼岸やお盆などのお墓参りシーズンには、1つの部屋が3つのオープンブースになります。それによって、混雑を避けることができます。

ユニークな割引制度「相続ポイント」

龍善寺独自のユニークな制度が「相続ポイント」です。 葬儀のお布施をはじめ、旅行会や謝恩講など故人の生前の営みに対しても10%のポイントがつき、それを後年の割引に活用することができます。お寺さまとの結びつきが強ければ強いほど、遺された人の負担が減るという新しい仕組みです。

龍善寺早稲田納骨堂の費用

1人 63万円+年間志納金1万円
夫婦 78万円+年間志納金1万3千200円
個人+家代々箱(小) 83万円+年間志納金1万3千200円
3人 93万円+年間志納金1万6千800円

※一般での値段です。檀家や信徒ですと、金額が異なります

龍善寺早稲田納骨堂の
公式サイトを見る

東福院遍照殿

東福院遍照殿の画像
駅からのアクセス 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目」駅より徒歩7分/JR中央快速・総武線、東京メトロ南北線「四ツ谷」駅より徒歩8分
おすすめの理由 「四谷三丁目」駅から徒歩7分というアクセスですが、新宿からほど近いにも関わらず、緑も多く、静かな場所です。新宿からすぐなので、地方からのアクセスもいいでしょう。
特徴

遺骨に直接手を合わせられる「対面式」

機械式の納骨堂や分骨・位牌のみという納骨堂が増えている中で、東福院遍照殿ではすべての納骨壇が対面式で作られています。すべての納骨壇の後ろに納骨スペースがあるのは、非常に珍しいといえます。参拝ブースに遺骨、位牌、ご本尊が揃っていて、いつでもお骨に対面してお参りできるので安心ですね。しかも、費用も30万円からと非常にリーズナブルです。

新宿からアクセスがいい便利な立地

JR中央快速・総武線、丸ノ内線、南北線「四ツ谷」駅、丸ノ内線「四谷三丁目」駅、都営新宿線「曙橋」駅を利用することができます。また、納骨堂の見学時には、無料でタクシーを手配してもらえます。納骨堂を探している方への温かい配慮が感じられますね。

東福院遍照殿の費用

蓮水(合同) 30万円+年間管理費なし
※三十三回忌までご供養し、永代供養塔に合祀。
蓮水 50万円+年間管理費なし(1人)
100万円+年間管理費なし(2人)※どちらも三十三回忌までご供養し、永代供養塔に合祀。
大日 七回忌:38万円、48万円(1人)/76万円、86万円(2人)
十三回忌:50万円、55万円(1人)/100万円、110万円(2人)
※以降三十三回忌まで用意。すべて年間管理費なし
東福院遍照殿の
公式サイトを見る

立正寺報恩廟

立正寺報恩廟の画像
駅からのアクセス 小田急線「参宮橋」駅より徒歩5分
おすすめの理由 こちらは新宿から一駅の「参宮橋」から徒歩5分のお堂です。JR「代々木」駅からも徒歩圏内。「参宮橋」は、新宿のお隣ですが、とても静かな場所で、ゆっくりと眠るのに適しています。
特徴

ペット霊園もある充実した設備

立正寺は、京都の本能寺を大本山とする由緒あるお寺です。敷地内には納骨堂だけでなく、一般墓地やペット霊園などがあります。亡くなった後も愛するペットと一緒になりたいと、同じ敷地に埋葬を希望するかたも多いようです。

仏壇式の「桜重」ロッカー式の「小桜」の2タイプ

納骨堂は仏壇式の「桜重」と、ロッカー式の「小桜」の2種類があり、予算や収蔵人数に合わせて選ぶことができます。「桜重」は33回忌まで、「小桜」は13回忌又は33回忌までの供養期間が選べます。基本的には33回忌以降は合祀され永代供養となりますが、「桜重」に関しては希望があれば33回忌以降も更新が可能なようです。

立正寺報恩廟の費用

小桜(ロッカー式) 60万円+年間護寺会費8千円
桜重(仏壇式) 180万円+年間護寺会費1万2千円
立正寺報恩廟の
公式サイトを見る
費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.