費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

永代供養ができる東京の納骨堂ガイド » 希望別・人気の納骨堂【東京版】 » 宗派で選ぶなら

宗派で選ぶなら

宗派で選ぶ納骨堂

納骨堂を選ぶ際に、気にする人が多いのが宗派です。中には家の歴史が浅く、田舎にも特定のお寺さまに帰依していない方や、ご家族との事情で以前の宗教とは別の宗派を選ぶ方も多くいらっしゃいます。いずれの場合も、宗派によって祀られ方が変わりますので、一度チェックしておくことをおすすめします。

費用や法要で比較した東京の納骨堂おすすめ5選はこちら

宗派にこだわらない納骨堂おすすめ3選はこちら

宗派ごとに選んだ納骨堂リスト

真言宗

空海によって開かれた宗派で、大日如来と一体になることで即身成仏することができるという教えです。つまり、自分自身を見つめて仏のような心で生きるということです。そんな真言宗のおすすめの納骨堂を、このサイトで紹介している中から2つピックアップしました。

東福院遍照殿

歴史あるお寺に納骨したいという方におすすめなのが430年の歴史を持つ東福院遍照殿です。

年会費や管理費もいらず、JR四ツ谷駅から徒歩圏内という都心の便利な立地にあるなど、納骨した後の家族への負担も少ないのが特徴です。毎月本堂で、合同供養祭がとり行われている他、戒名相談会や生前戒名授与式なども随時開催してもらえるため、生前から終活したいという方にも嬉しいお寺と言えるでしょう。もちろん納骨堂は、直接参拝式の納骨堂となります。

納骨期間を回忌によって事前に指定できますので、予算に合わせて検討してみましょう。

公式サイトを見る

龍生院三田霊廟

都内でも最大規模を誇る龍生院三田霊廟は、ICカードを使うと、遺骨が自動で運ばれ、お墓まいりができる最新型の納骨堂です。

手ぶらでも気軽に御墓参りできることから、家族のことを考えて納骨先を選ぶ方にもおすすめ。港区三田という立地の良さも魅力です。龍生院は地元でも由緒正しい古刹として知られていました。伝統と新しさが融合した龍生院三田霊廟は、まさにお墓のトレンドとも言えるかもしれません。

気になるセキュリティ対策も万全。また、屋内霊廟のため、雨が降ってもお参りしやすくなっています。お香・お供えの花なども揃っていますので、ICカードだけを持って、気軽に故人に会いに行けます。

公式サイトを見る

浄土真宗

親鸞上人が開いた、庶民のための宗派です。善人悪人誰でも受け入れてくれるという教えのもと、広く門戸を開いています。今回調査した中の浄土真宗のお寺から以下の2つをピックアップしました。

瑞法寺

家族に負担をかけたくないという方に人気なのが、新宗大谷派瑞法寺の納骨堂です。「至心堂」と名付けられた同納骨堂は、東武東上線大山駅南口から徒歩3分の場所にあります。

1基あたりの価格は50万円(2人の場合は90万円)とお手頃で、年間維持費も5,000円。ご遺骨の納骨〜供養までをお任せできます。また、一時預かりとして、3年間3万円の預かりもしてもらえますので、お墓の準備が間に合わないという方にも頼れる存在と言えるでしょう。

申し込みから32年間使える他、その後は永代供養してもらえるため、跡継ぎがいない・お墓を守る家族がいないという方にも安心です。

公式サイトを見る

金蔵寺

麻布にある金蔵寺の納骨堂「聖樹」は、静かで交通至便な環境にある納骨堂です。

参拝する人の視点で設計された納骨堂内は、穏やかなクラシック音楽が流れ、ご年配の方でも参拝しやすいバリアフリーしようとなっています。また、エミール・ガレなどの西洋美術品も飾られ、参拝する人にとっても心地よく過ごせる空間。故人も穏やかに過ごしていてくれるはず・・・と感じられることでしょう。

金蔵寺にはペット納骨堂やペット霊園もありますので、家族同然に過ごした大切な愛猫・愛犬の近くで死後も過ごしたい/過ごさせてあげたいという方にもおすすめです。

公式サイトを見る

日蓮宗

日蓮上人が開いた、法華宗です。たくさんの宗派に分かれており、それぞれに個性が異なるようです。また、開基日蓮上人を高く敬うことでも知られています。このサイトで紹介しているなかから日蓮宗のお寺を3つピックアップしました。

幸國寺瑠璃殿

加藤清正ゆかりのお寺として建立された幸國寺。2046基の古代ガラス製の仏様が並ぶ神秘的な納骨堂は、明るく、足を踏み入れるだけでこころ穏やかになる空間です。安らぎの空間を意識して作られた納骨堂ですので、お寺が苦手という方でも大丈夫。

場所は都営大江戸線「牛込柳町駅」から徒歩わずか2分ですので、都心の納骨堂としてはアクセスしやすさも抜群です。宗旨、宗派や国籍などは問われませんので、どなたでも入ることができます。加藤清正ファンの方にとっても、嬉しい納骨堂ではないでしょうか。

公式サイトを見る

深妙寺

明治に建立された深妙寺の納骨堂は、永代供養なら8万円からと、比較的リーズナブルに利用できる納骨堂です。先行やろうそく、お供え用の花瓶などが自由に使えるため、参拝しやすくなっています。また、各種納骨壇を生前から購入・予約できます。加えて、空調や車椅子対応型エレベーターももちろん完備されています。

毎朝実住職が勤行により、永代供養霊位をご回向してもらえるため、死後も安らかに過ごせることでしょう。お参りは、朝7時から日没まで可能です。

公式サイトを見る

大蔵大仏妙法寺

世田谷区大蔵にある大蔵大仏妙法寺は、大きな8mの大仏さまがいる日蓮宗のお寺です。参拝時間が限られている納骨堂が多い中、大蔵大仏妙法寺では24時間参拝できる点が魅力です。また、年齢を重ねてからも参拝しやすいよう、車椅子のままお参りができるバリアフリー化、入り口まで車で入れる納骨堂設計などがなされてます。

春にはしだれ桜が、初夏にはサツキや花菖蒲、蓮など四季折々の花が楽しめるお寺なので、自然や花が好きな故人のお墓としても喜ばれることでしょう。350年ほど前に建立された歴史あるお寺です。

公式サイトを見る

曹洞宗

鎌倉仏教のひとつで、「禅」の心を大切にしています。座禅を多く組み、お坊さまは厳しい修行をするようです。今回調査した中の2堂を紹介します。

東長寺納骨堂

東長寺納骨堂は、東長寺「結の会」会員向けの永代供養墓です。平成8年から平成26年にかけては「縁の会」の会員向けに永代供養付き生前個人墓を募集していましたが、「結の会」はそれに続く納骨堂となります。

曹洞宗の戒名がいただけ、33回忌までお骨を預かってもらえる他、その後は東長寺の総墓に合葬してもらえます。自然豊かな場所で安らかに過ごしたい方、また、ペットと一緒に埋葬を希望されている方は、地方の協力寺院の樹林葬墓地へと入ることもできます。永代供養が受けられる他、33回忌以降も「結の会物故者諸精霊」で供養してもらえるので末永く安心の納骨堂です。

公式サイトを見る

泰宗寺

泰宗寺は、寺管理の納骨堂で永代供養していただける曹洞宗のお寺です。夫婦で跡継ぎがいない方、お墓が無縁にならないか心配の方、また、生前に自分が入るお墓を予約したい方にオススメのこちら。永代供養の方法は「納骨壇」と「分骨型永代位牌壇」の2種類から選べます。

納骨壇は、33回忌まで納骨壇で安置されたのち、地下納骨堂へと合奏してもらえるプランです。また、分骨型永代位牌壇は、分骨を収める位牌にご遺骨の一部を納骨。残りは地下納骨室へ合葬するのが基本ですが、自宅でも供養したい。もう少し故人とそばにいたいという気持ちにも寄り添ってもらえるプランです。

公式サイトを見る

費用やお参りの方法で選ぶ 東京の 納骨堂おすすめ5選 費用やお参りの方法で選ぶ東京の納骨堂おすすめ5選

希望別・人気の納骨堂【東京版】

永代供養をお願いできる納骨堂リスト 東京編

納骨堂の基礎知識

口コミでみる納骨堂が選ばれる理由【東京編】

【全国エリア】ED治療の病院検索 メンズ脱毛webバナー_男性向け脱毛サロン比較サイトはこちら

サイトマップ

Copyright (C)永代供養ができる東京の納骨堂ガイド All Rights Reserved.